外壁塗装を依頼するまでの経緯と実施の結果

梅雨明けを待って施工、仕上がり重視の姿勢が好印象

外壁塗装 / 外壁塗装業者の選び方

ただし、シーズンがちょうど梅雨だったので、それが終わってからの実施になります。
乾燥している時期のほうが定着率が高くなると教えてくれました。
そのアドバイスをしてくれたのは担当のおじさんであり、いい加減に終わらせようとしないスタンスは好ましかったです。
天候の良い日を選んで作業がスタートしてくれたのですが、その日は朝から夕方までの8時間ほどで終了しました。
足場を組み立てて周囲への影響を防ぐカバーで覆ったのが11時ごろでした。
専門的なことは分かりませんが、そこから夕方まで洗浄や下地に関する作業を行っていたようです。
その翌日に本格的な外壁塗装が行われ、しばらくの間は晴天のもとで乾燥させていました。
とても丁寧に行ってくれたおかげで、新築の状態に戻ったような錯覚を覚えるぐらいです。
新婚の頃のように、フレッシュな気持ちで生活できるようになりました。

10年目のマイホーム汚れが目立つようになり外壁塗装の業者探し / 小規模ながら誇りと自信をもって仕事している工務店 / 梅雨明けを待って施工、仕上がり重視の姿勢が好印象